雨の日のバイク用ブーツカバーのインプレ

車・バイク

雨の日にバイクを乗るときは防水仕様の靴を履くのが基本だと思います。しかし、雨の雨量が多いと河童と靴の隙間から水が浸水して靴下までびちゃびちゃになってしまった・・・そんな経験はありませんか?今回は、バイク+防水の靴+河童という状態だけでは防げない強い雨の時に使うものとして買ったバイク用防水ブーツカバーのインプレッションを行います。憂鬱な雨の日も、シューズカバーを活用して快適に過ごしましょう!

created by Rinker
ノーブランド品
¥1,449 (2022/09/25 16:09:37時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサードサーチ

シューズカバーの選び方

それではまず、シューズカバーの選び方のポイントからお伝えしていきます。自分に合ったシューズカバーを選んで、より快適に過ごしましょう!

防寒?防水?用途に応じて機能を選ぼう

シューズカバーは、用途によって適した商品が異なります。風や寒さ対策なのか雨対策なのかを考え、用途に応じたシューズカバーを選ぶようにしましょう。冬にバイクを乗るとき(自転車でも可)、風や寒さへの対策としてシューズカバーを使いたい場合は、「防風」「ウィンドブレーク」などの表記があるものがおすすめです。足元を冷風から守ってくれるので、通勤・通学の寒さを和らげることができます。

スポンサードサーチ

雨対策には完全防水仕様のものを

もちろん雨への対策としてシューズカバーを用いたいなら、完全防水仕様のものがおすすめ。河童や靴だけではカバーしきれない、横殴りの雨や水たまりによる靴への浸水を防ぐことができます。商品説明に「完全防水」「100%防水」など、はっきり記載があるものがベスト。もし記載がなければ、防水効果の高いPVC素材を使用したものや、厚手のしっかりした生地で作られているものを目安に選ぶようにしましょう。なお雨の中は路面も当然滑りやすくなります。さらに防滑機能も備わっていると理想的です。底がラバー素材で凹凸のあるものであれば、雨・雪の中でも比較的歩きやすいです。

サイズ・丈は靴の形や使用場所にあわせてチョイス

シューズカバーには足首までのショート丈や、ふくらはぎカバーできるロング丈など、いくつか丈の種類があります。スニーカーやパンプスなどにはショート丈、ブーツなどにはロング丈といったように、靴の形に合わせて選ぶとよいといえます。ただしズボンの裾が塗れてしまうのを防ぎたい方や、雨の中でバイクに乗る場合には、靴の形にかかわらずロング丈を選択するのがおすすめです。また厚底の靴に使う場合は、若干大きめのサイズで丈も長めのものを選ぶのがよいといえます。つまり大は小を兼ねるといえます。とくにバイクの場合はほとんどバイクにまたがっている状態なので大きすぎても歩きずらいとかはそれほど関係ないと思います。

スポンサードサーチ

履きやすく脱げにくい工夫が施されていると便利

靴の上から履くものですから、履くのが簡単で、なおかつ歩いているうちに脱げないような工夫が施されているものを選びましょう。ファスナー開閉などで開口部が大きく開くものや、ズレを防ぐためのベルト・ボタン付き、靴の上部をギュッと閉じられるものなどがおすすめです。
防水ブーツカバー

自転車・バイクに乗るならペダル操作可能かをチェック

自転車で通勤・通学している人や、バイクで移動することが多い人の場合、ペダルの操作に耐えられる素材で作られていることが必須条件です。特にバイクに乗るときはシフトペダルを強く踏み込むこともあるため、ペダル操作をする左側に補強素材が使われているものがおすすめ。シューズカバーの中でも「バイク用」となっているものがよいでしょう。

スポンサードサーチ

急な雨に備えるなら、携帯しやすいものや使い捨てがおすすめ

旅行や出張などの出先での急な雨に備えたい場合は、携帯可能なタイプや使い捨てタイプを選びましょう。コンパクトにたたんで持ち歩けるものや、使用後に捨ててしまえる簡易なものであれば、ゲリラ豪雨に備えることができますよ

防水 バイク 自転車 用 レイン ブーツ カバー シューズ 靴 ツーリング サイクリング 長靴 長ぐつ 梅雨 雪対策 冬 滑り止め 雨具

以上、雨天時に着用することを想定したレインブーツカバーについて説明してきましたが、わたしは買った商品はこちらです!

created by Rinker
ノーブランド品
¥1,449 (2022/09/25 16:09:37時点 Amazon調べ-詳細)

大き目のサイズを買っているので、ごついバイク用シューズの上からでもすっぽり覆うことができます。ジッパーのベルトできっちりと絞めることも可能です。またこの商品は靴底までカバーするタイプでしかもその状態でも歩けるようにちゃんと補強がされています。
防水ブーツカバー
実際に走ってみた結果・・・
防水ブーツカバー
結論から言うとカバーをつけたまま歩けますしもちろん雨量が多い時でもいままでのような隙間から水が入ってくる浸水状態にはなりませんでした(^▽^)
値段も安いですしとりあえず非常時用に一つ持っておくか・・・とお考えの方であれば買って損はない商品だと思います。
防水ブーツカバー
レッドブログでは、PC・家電・ヘルスケア・サプリメント・美容・自動車用品・バイク用品・株式投資・FX投資のレビュー、口コミ、インプレッションを主に行っています。その他ブログや日記の形で様々な有益な情報を発信しております。ぜひ、当HPのブックマーク・お気に入り登録をよろしくお願いいたします(^▽^)