最近の住宅系商品の値上げがきつすぎる!エコカラット、トイレ、家電

PC・家電 ブログ・マンション

最近あらゆるものが高いと思いませんか?だんだんしんどくなってきました(笑)。
もちろん物価高には理由があってロシアのウクライナ侵攻に端を発した原油高、資源不足、さらにはアメリカの強気な利上げ政策による急激な円安進行、そしていつまでたっても解消しない半導体不足・・・など全部日本にとっては値上げ要因となります。

スポンサードサーチ

円安と原油高のダブルパンチ

ご存知の通り日本は多くの資源を輸入に頼っている国です。とくに生活資源は大半が輸入です。円安になるとはすなわちいままで、例えばアメリカの商品1ドル100円で購入できていたものがいまは1ドル133円なので133円ださないと同じものなのに買えなくなってしまいました。また原油はガソリン代、航空費の輸送費、物を生産するときなどあらゆるものにコスト増としてのしかかってきます。結果的に日本は円安と原油高の影響を最も受けやすいので、末端の我々消費者にとっては単に「値上げ」として跳ね返ってくる形になります。

マンションの価格は当分高止まりするでしょう

私は不動産関係の仕事をしておりますが、最近のマンション・・・高くないですか?というかこのセリフ実はもう8年くらい連続で言ってます(苦笑)。
オリンピックがピークだなんだ言われておりましたが結局オリンピック後は下がるどころか価格の上昇に勢いがついた感じとなりました。そもそも坪単価もグロスも高くなりすぎて一体だれが買っているんだと思いたくなるくらい高いです。
しかしながら結論から言えば日本の住宅ローンの変動金利が上がらない限りはマンションの価格はあと2年以上は上昇傾向が続くと予想しております。とくに関東・関西近郊は間違いないと思います。根拠は仕入れ値の上昇です。上がり方が半端ないです。土地代とかはともかく建物を作るのに必要な設備機器、ガラスなどもここ数年だけで2倍以上になっております。ここまで値上げされてしまうとデベロッパーとしても価格努力をしてもほぼ無力でありそのままマンション販売価格に反映せざるえを得ないからです。もちろんデベロッパーは営利企業なので価格努力の限界と言う言葉を使いつつもしっかりと利益はとるのは言うまでもありません。たまに私はこのブログでマンションレビューの記事も投稿しておりますが、いつだってやっぱり変わらないのは「買いたい時が買い時」ということですね。株や為替の投資ではありませんからこれから値段が上がるのか?下がるのか?を一番に持ってくるのはナンセンスな時代となってしまいました。そもそもほとんど大多数の方は自分が住むための家ですから、本来ならリセールがどうとかは二の次でないといけません。

スポンサードサーチ

エコカラットの値上げ

created by Rinker
エコカラットプラス
¥16,900 (2022/10/02 21:29:34時点 Amazon調べ-詳細)

エコカラット

住宅設備関係の値上げが特にえぐいと感じるのですが、なかでも人気のエコカラットはとくにその値上がり幅が大きいです。値上げが追いつかなくてここ数年は半年に1回は値上げしています。それも結構な値上げ率です。エコカラットはリクシルが販売しておりますが、当面は値上げ傾向ですし仕入れ値も右肩上がりなので、マンションや戸建てのリノベーション・リフォームを検討されている方は早めに検討・発注手配が必要だと思います。エコカラットは〇月〇日発送分から値上げという感じで発送日が基準日となりますのでとりあえず施工することが確定しているのであれば値上げされる前に発注しておくことが大切です。

トイレの値上げと品不足

日本のトイレ、とくにTOTOの製品は世界中で大人気です。しかしながらリクシルと同様、TOTOもここ数年値上げしまくっている状況です。しかもTOTOに至っては納期が半年以上となる製品も多く、「トイレがないからいつまでたっても工事が完了しない」という物件も増えてきました。一昔前は納期7日とかだったのにいまでは納期7カ月以上とかざらです。まじで「トイレ」やっかいです・・・リクシルとかの納期はまだましなんですがTOTOだけ異常に遅いのは世界中で人気があるからですね。値上げしても売れるのですから当分値上げ傾向は変わりないでしょう。まぁTOTOもこの状況そのものは芳しくないと考えるでしょうか放置しないでしょうが、もう1年以上ずっとこんな状況です。

アクセントクロスは?

スポンサードサーチ

第10位 ピクチャーレール

これももちろん値上げしておりますが表立って値上げしている感じはエコカラットやトイレほどではありません。しかし確実に卸値は右肩上がりです。アクセントクロス業者の総工事費がもし値上げしていないのであればそれは単純にその業者が自社の利益を削っているだけかと思います。いずれ総工事費に転嫁されてくるのは時間の問題でしょう。もともと単価の安い製品ですのでエコカラットほど目立ちませんが注意は必要だと思います。

ああ無残様・・・食洗器も値上します

住宅設備の中でも人気のあるのが食洗器。とくに最近の割と高級なマンションであれば最初からリンナイ等の廉価版食洗器が標準でついてくることが多いです。私はマンションを買うときにまっさきにやるのがこの食洗器のアップグレードです。
売主オプションやインテリアオプションでもアップグレードできますが、基本的にかなり高いのでお勧めはネットで仕入れてそのまま取り付けまでやってくれるお店・業者を探すことだと思います。また注文する際はぜひ「深型」をお勧めします。深型にすることによって微妙に入らなかった取っ手のあるフライパンとかボウルも入ります。これらが入ることによって浅型だとフライパンなどの長手のものは手洗い、それ以外の食器は食洗器と、いちいち分別していたものが深型なら全部まとめて食洗器にぶちこめます。これってかなり楽ですし食器洗いは毎日のことなのでぜひ深型を買いましょう。なかでもパナソニック製の最近の深型はとってもよく落ちますので一度家電量販店等で見てみるとよいと思います(^▽^)

パナソニック食洗器URL https://panasonic.jp/dish/

値上げと言えばパナソニックは特定の製品については価格指定品として販売店側に一定の価格以下で販売するなという独占禁止法グレースレスレともいえる戦略を推し進めております。この特定の製品がとくに住宅設備関係に多く例えば、家電の洗濯機・冷蔵庫・ドライヤー・テレビ・電子レンジなど新居を買う際にはどれも必要なものばかりです。まぁどこで買ってもほぼ同じ価格なのでパナソニック製がどうしても良いんだ!という方にとっては最寄りの家電量販店で買うのがアフターの面でもベストかと思います。

今回の記事いかがでしたしょうか?いつものテイストと少し違った雑談っぽい内容ですがたまにはこういった時事ネタに絡めて記事を書いていくことも今後は増やしていきたいと思いますので引き続きよろしくお願いいたします。