XM(XM Trading)の評判、口コミ メリットデメリットを解説

株・FX・投資

前回の記事をまだの方こちらの記事も併せてお読みください!

XMの評判はネットで検索すれば概ね良好な感じで良く見つかりますがどれもアフィリエイト色が強く(これはまぁ自分もなのでいいのですが)、そもそも記事の内容が「本当に自分でトレードしているの?」と疑いざるを得ない中身の薄い提灯記事ばかりが目につきます。わたしは株と為替は20年以上のそこそこベテランですし、もちろんXMに口座を開設していまも毎日トレードしています。そういった生のリアルな視点から正直かつ正確にXMのメリットデメリットについてレビュー評価してみました。

この記事が役に立ったと感じられましたらぜひバナーをクリックしてXMをはじめてみましょう(^-^)

スポンサードサーチ

XM(XM Trading)の9つのメリット・長所

1.信頼性・安全性が高い

当然だがトレードをしていくうえで安全かつ確実に入金出金ができなければ意味がありません。実は海外FX業者ではこの当たり前のことが及第点に達しないていないことが多いです。その点、XMは入出金トラブルの噂は皆無ですし自分自身もいままでなんども入金・出金をしてきましたが特に不満を感じたことはありません。なのでXMは海外FX業者として安心して利用できるという点はまず1番の強みだと思います。ちなみにXMは2009年から運営を開始しており、今年で11年目とそれなりに信頼と実績を積み重ねています。
現実的には暗号通貨・仮想通貨ほとどまでは言いませんが、海外FX業者もも新たなブローカーができてはすぐに消えていく中で安定的にサービスを提供しており、運営歴としては十分信用できるレベルです。
今の世の中、悪いことをするとあっという間に拡散されます。試しにぜひTwitterで「XM 出金」と検索してみてください!出金拒否の報告は全くなく「問題なく出金できた」という投稿が多数散見されるでしょう(^▽^)。海外FX業者を利用したいけど、出金拒否が怖い…という人こそ、XMを利用するのがおすすめ。ちなみに、運営元の「Trading Point」は世界各国で金融ライセンスに登録しています。XMは世界的な金融プロバイダー「Trading Point」が運営している企業ブランド。キプロスの本社をはじめ、イギリスやオーストラリアなど世界中に拠点をおいてオンライン
取引のサービスを提供している。なおキプロスとの時差は+6時間です。VPSのサーバーはキプロスにあるのでラグ勝負のコンマ1秒を争うトレードにおいてもサーバーの物理的な場所が市場から近いのは優位です。

2.入金ボーナスや口座開設ボーナスがとにかく豊富

XMのボーナス資金なしからでもリアルマネートレード可!3000円の新規口座開設ボーナス
上記のボーナスとは別でXMでは口座開設するだけで3000円の入金ボーナスがもらえます。金額こそ小さいが、一切入金しなくても使えるボーナスで、海外FXで一度試しに取引してみたいとユーザーにはもってこいのボーナスです。もちろん利益がでれば出金することができます。そして、「常時」開催している100%初回入金ボーナス&追加入金ボーナスがあり、XMでは初回入金に対して100%のボーナスキャンペーンを常時開催しています。単純に取引資金が倍になるキャンペーンですねだ(最大5万円まで)。ちなみにこのボーナスは出金することはできませんがないが、ボーナスを使って儲けがでた場合の利益分はもちろん出金することができます。さらに追加入金ボーナスは、追加入金に対して20%の取引資金がボーナスとして付与される。(最大50万円まで)ハイレバ取引ではあと数pips耐えていれば鬼の爆益だったのに・・・というシーンはしばしば訪れる。そのようなシーンに非常に重宝するボーナスです。

3.約定力に絶対の自信。事実早い

XMは会社の理念に「約定スピードの向上」をあげているほど、約定力に力を入れている。リクォートもスリッページも発生しない。管理人自身何度もXMで実際にトレードしているが、体感的にも他の業者が固まるタイミングでもサクサク約定する。もちろん自宅やスマフォのネット環境も大事ですがこのサーバーは個人ではどうにもならない問題なので大変貴重なメリットです。
顧客が増えればその分だけサーバーを増強しているため、急にサーバーレスポンスが重くなったりもしません。そしてこのスピードは「相場が急変動するタイミングでも約定力が担保されている」のもメリットです。特に雇用統計や要人発言で相場が大きく動くタイミングでもしっかり約定されます。国内FX業者で思うように指値や逆指値の注文がささらなかった経験はありませんか?そんな苦い経験をしたかたはぜひ一度XMで取引して約定力を体感してみてほしいです(^▽^)/

4.取引でボーナス換金可能なXMポイントが貯まる【ロイヤルティプログラム】

XMPロイヤリティプラグラムとはポイントが取引ごとに貯まるXM独自のサービス。コンビニなどでポイントカードを提示すると購入額に応じてポイントが貯まるのと同じ仕組みです。具体的には、1lot(10万通貨)の取引あたり10ポイント~20ポイントがたまる。ボーナス(USD)=XMP÷3 このポイントはボーナスに換えることが可能!またこのプログラムにはランクがあり、EXECUTIVE→GOLD→DIAMOND→ELITEと取引期間に応じてランクが上がっていきます。楽天やヤフーショッピングのランクみたいな感じですね。どんどん優遇されていきます。
例えばEliteランクになれば、1lot(10万通貨)の取引ごとに20XMPポイントなので、6.7$(700円程度)のボーナスに換えることができます。10lotの取引をするだけで7,000円、100lotで70,000円を取引資金として使うことができます。特にスキャルピングトレード中心のトレーダーは気づけばかなりの額が貯まりますね。なんだよポイントとかよくわからないよ!ってかたでも無視してXMでずっとトレードしていればいつか必ずその恩恵とありがたみを理解することでしょう!XMのポイントサービスは評判が上々です。

5.WEBサイトは完全日本語対応。日本語サポートもOK

XMの公式ページを見ていただければわかると思うが、XMのホームページやマイページは完全日本語対応で使い勝手もかなり良い。もちろん取引ツールも日本語です。最近はブラウザの翻訳機能もだいぶ良くなってきましたが難しい用語の多いFXではまだまだ酷い誤訳ばかりです。とくにサポートとなると翻訳は関係ないので日本語でちゃんとやりとりができるのは非常にありがたいです。よって、海外FX業者ですが「英語が全く読めなくても問題なく取引を行うことができる」と言えます。
また日本語サポート体制もかなり優れており、チャット・メール・コールバック全て日本人スタッフが対応してくれます。XMには多数の専属日本人スタッフがいるので、まるで国内FX業者を使っているレベルで利用することができますしその回答に何時間も待たされるとういことはないでしょう。

6.初回入金額は500円からでOK。ハードルが低い

XMは初回入金額500円、最低取引枚数10枚からトレードを始めることができます。海外FXを初めて利用する方や、まずは小ロットで取引をしたいという方にもおすすめできる。大事なのは入金した額ではありません!「実際の自分のお金を使ってリアルにトレードする」ことが超大事なのです。バーチャルで好成績をだせても実戦では全然ダメな人が多いのがFXの特徴です。リアルマネートレードの経験こそ己を強くします。これは間違いありません!

7.最大レバレッジ888倍・追証なし

最大レバレッジ888倍は業界TOPクラス(日本は最大でも25倍までと規制があります)。そして特筆すべきは追証なしのゼロカットシステムを採用しているため投資金以上の損失を被ることはない。仮に歴史的な大暴落が起きてロスカットが間に合わず口座残高がマイナス100万円になろうとも、マイナス1億円になろうとも、口座残高はゼロになるだけでリセットされます。こまめな出金を心がけていればローリスク・ハイリターンが可能です。特に自分の場合XMでは完全に自動売買なので機械的に日々を過ごすだけで不労所得が入ってきています。
またそのロスカット水準も証拠金維持率20%以下で優秀です。この高レベルのロスカット水準によって、ポジションが自分の思惑と逆行してもギリギリまでポジションをもつことができます。

8.通貨ペア数豊富。CFD銘柄は業界NO.1の品ぞろえ

XMはFX通貨ペア57種類、貴金属4種類、CFD銘柄42種類を取り揃えています。FX通貨ペナに関してはメジャー通貨はもちろん、今までに取引したことがないマイナー通貨も取り揃えている。特に取引銘柄で特筆すべきはCFD銘柄の豊富さですね。ココアやコーヒーなどの商品CFD、日経225やダウなどのインデックス先物、原油や天然ガス・ガソリンなどの資源CFDなどボラリティがめちゃくちゃ激しい銘柄も目白押し。もちろんCFD銘柄ものハイレバレッジをかけて取引できるだけでなく、追証もなし。アクティブなトレードを行うことができます。いまはやりの?金ももちろんトレードできます。また、XMではビットコインをはじめとした仮想通貨も取引ができます。取引できる仮想通貨は以下の5種類で、いずれも米ドルとのペアです。ビットコイン)、(ビットコインキャッシュ)、(イーサリアム)、(ライトコイン)、(リップル)の5種。

9.国内銀行送金・bitwallet入金対応。口座へ迅速反映

XMはクレジットカード入金・国内銀行入金(三井住友銀行)・ビットコイン入金・bitwallet入金・海外銀行送金に対応。国内銀行送金に対応しているためクレジットカードを持っていなくても、国内FX業者と同じようにコンビニのATMやネットバンクから口座へ入金することができます。ちなみにクレジットカード入金だと即時、国内銀行入金だと着金後30分程で口座へ反映される。
管理人も何度かXMの取引口座から出金をしたことがあるが、XMは出金処理も早く、出金依頼からだいたい3日以内には指定の銀行口座へ着金されてきます。また、XMでは金額にかかわらず入出金手数料が無料なのが嬉しい。
※ただし銀行への送金の場合は手数料が発生します。

XM(XM Trading)のデメリット・短所について

MT4

当ブログは提灯記事は一切かかないので当然、メリットだけでなくデメリットについても触れさせていただきます(^▽^)

1.スプレッド水準が並

いくつか国内国外でスプレッドを見ていますが決してXMのスプレッドは特段狭い(安くない)わけではありません。海外FX業界で見れば『中の中』程度のスプレッドです。

2.完全信託保全ではない

XMは完全信託保全付きではありません。(完全信託保全とは、顧客の資金を完全に金融機関の信託口座に預けて分別管理すること)。仮にXMが倒産しても、顧客の資金が全額返ってくるとは断言できません、その点日本のFX業者はほぼ完全信託保全なので安全安心です。とはいってもXMでは顧客資金と経営資金をバーグレイズ銀行にて分別して管理していますので顧客資金には一切手をつけていないことになります。なので倒産したからと言って顧客資金が全て返ってこないということは考えずらいですね。なによりメリットにもあげましたが2009年に開設してもう11年以上安全に運営できている信頼もあります。だからこそ、出金にも定評があるXMなので不安ならこまめな出金をおすすめします。

3.海外銀行送金でしか入金額以上(利益)を出金できない

XMから入金した金額を超えるお金を出金できる方法は海外銀行送金だけです。しかも結構高くて2,000円~4,000円の手数料を払うことになります。例えば100万円の利益を自分の指定する銀行に出金したら、実際に自分の銀行口座に入金されるのは996,000円前後ということになります。これははっきりいってデメリットです。しかも申請から着金まで3~5営業日と時間もかかります。9つのメリットだけで出金手数料をはるかに凌ぐ恩恵があるので私は気になりませんが上記のデメリットは把握しておいてください。また上述したクレジットカードに対する出金は「自分がそのときにクレカで入金した額まで」になるのであわせて覚えておこう。厳密にはクレカのキャンセルという形で戻ってきます。

4.ハイレバなので大きいポジションが取れてしまう

XMの最大レバレッジはなんと888倍!(笑
これは資金効率の面で大きな魅力だが、裏を返すと大きなポジションが取れすぎるとも言える。ハイレバはハイリスクハイリターンが基本、簡単に資金を0にしたり2倍、3倍になります。損したので冷静さを失い入金してはロスカットを繰り返し市場から退場する人は後を絶ちません。別の記事で詳しく書きますがFXでは生き残れたものが勝者です。ほとんど死にますからw
いくら888倍のレバレッジをかけれるからといって、ある程度のレバレッジコントロールは必要です。なおこれも別記事でありますが、XMはEAの自動売買+小まめな出金戦法でほぼリスクなしでハイレバの恩恵だけを受けることができる数少ないFX業者ですので、わたしのなかではハイレバすぎるのはデメリットだとは特段感じていません。

6.海外FXは累進課税【税率】

累進課税とは、「所得に応じて税率が上がる仕組み」のことです。なので所得が低いかたにとってはメリットにもなるのでデメリットに分類するのもおかしいですが税金の話はとても重要なので載せました。海外FXに適用される所得税の累進課税税率は下記の表のとおりです。これに加えて、住民税も一律で10%かかります。

海外FXに適用される税率

所得金額 所得税率 控除額 住民税
195万円以下 5% 0円 10%
195万超~330万以下 10% 9万7,500円
330万超~695万以下 20% 42万7,500円
695万超~900万以下 23% 63万6,000円
900万超~1,800万以下 33% 153万6,000円
1,800万超~4,000万以下 40% 279万6,000円
4,000万超 45% 479万6,000円

一方、国内FXの利益は一律20%の税率(住民税込み)となっていて、他でどれだけ収入を得ていても変わりません。海外FXよりも国内FXの方が税金はお得と言われている理由の1つですが、海外FXと国内FXでどちらが税金が安いかは、個人の所得などの条件次第です。上記の表を見ても分かる通り、所得金額が195万超~330万円以下であれば、所得税が10%、住民税が10%ですので、国内FXの税率20%と変わりません。では、年収330万円以上のサラリーマンは国内FXよりも税金がかかるかというと、実際にはもう少し収入が上がっても、国内FXと同程度の税率に抑えられます。税金の計算上、「給与所得」は、給与の額面金額から最低でも65万円の「給与所得控除」を差し引いた金額になるため、年収の額面金額よりも低くなるからです。(例:給与の額面額が500万円のサラリーマンであれば給与所得は346万円)

スポンサードサーチ

XM(XM Trading)のメリットとデメリットについて管理人統括

以上がXMのメリットデメリットです。僕自身の海外FXトレード歴は今年で3年目になりますがずっとXMを使ってきますしこの間においてもほかの業者に乗り換えようと思ったことは一度もありません。はじめて海外FX取引を始めようと思っているユーザーであればまずはなによりXMにの口座を作るのが間違いなくおすすめです。今なら入金なしでも3,000円分がついてくるボーナスがあるので、とりあえずその分だけでも使ってみるのも一つの手ですね。

XMの口座開設はこちらから

いまなら下記バナー経由、または「この文字リンク」からXMに口座開設をした方には漏れなく3,000円の取引ボーナスがプレゼントされます(^-^)

あわせて読みたい