YouTube ショートとは そのやり方と効果と収益化について

Youtube

YouTube ショートは、スマートフォンと YouTube アプリの「YouTube ショートカメラ」があれば誰でも作成できる、新しい視聴者と出会える動画フォーマットです。 YouTube のショート動画作成ツールでは、マルチセグメント カメラを使用して最大 60 秒までの動画を簡単に作成できます。

スポンサードサーチ

YouTubeのショート動画とは

YouTubeのショート動画とは、最大60秒までの縦型の動画を投稿・閲覧できるYouTubeの新しいサービスです。 現在リリースされている (2021年8月時点)のはYouTubeショートのベータ版で、スマートフォンからのみ視聴・投稿できます。
※PCですとブラウザで開いてチャンネルトップの「動画」をクリックすると表示も再生もできます。

通常のYouTubeの動画と同じく「高評価ボタン」「低評価ボタン」「コメント」機能もついています。上の画像は、YouTubeショートと表示されているYouTubeホーム画面です。特徴は、スマートフォン画面いっぱいに動画が表示され、スクロールすることで次の動画へとすぐに切り替わることです。従来のYouTubeでは、ユーザーは動画のサムネイルを見て、興味のある動画をタップ・クリックし再生していました。一方、YouTubeショート動画においてユーザーは見たい動画を選択する必要がなく、興味のない動画はすぐにスキップできます。tiktokユーザーでもなじみの深い縦型の画面となります。

YouTubeのショート動画に取り組むメリット

チャンネル登録者数が伸びやすい

YouTubeのショート動画は、不特定多数のユーザーにリーチします。その結果、動画やチャンネルを知ってもらう機会が以前より増え、チャンネル登録者数も伸びやすくなっています。まだまだ日本ではyoutubeショートはベータ版ということもあってか、そもそも参入されているかたが非常に少ないのでより注目を集めやすくなっております!

ショート動画が利用できる前のYouTubeにおいて、チャンネル登録者数を伸ばすには以下のようなプロセスが必要でした。

  1. SEO対策などを重ねて、動画の露出回数を増やす
  2. クリック率を改善して、動画の再生回数を増やす
  3. ユーザーの関連動画やおすすめに動画が載るための工夫をする
  4. 動画とチャンネルを覚えてもらい、ファンになってもらう

登録者数や再生回数の少ないチャンネルは、人気のチャンネルとの競争に勝つことが難しく、ユーザーに動画やチャンネルが認知されないという状況です。ちなみに、上記で最も破壊力が高いのが3です。
ショート動画が解禁されたことで、チャンネル登録者数や再生回数に関わらず、多くのユーザーに動画を認知してもらえるようになりました。登録者数が少ないチャンネルであっても、動画の内容がユーザーの関心とマッチすれば再生回数も増え、登録者数を伸ばすことが可能です。

気軽に投稿できる

YouTubeのショート動画は最大60秒と短く、難しい編集なしで気軽に投稿できるのが特徴です。通常のYouTubeの投稿では、広告をできるだけ多くつけたり、チャンネルの総再生時間を増やしたりするために、5分~10分以上の動画を投稿するチャンネルが主流でした。8分以上の長い動画を作るとなると、動画の内容によっては、プロ用の編集ソフトや長時間の撮影データが必要となります。一方、YouTubeのショート動画は60秒というルールがあるため、撮影・編集時間も削減しやすいです。

ちゃんと確定申告はしてますか?

スポンサードサーチ

YouTubeショート動画を作る際のコツ3つ

自然体でいる

YouTubeショート用の動画を撮影する際は、自然体でいることを心がけましょう。 YouTubeショート動画では、無作為でリアルな、手を加えられていない動画が喜ばれる傾向にあるからです。まずは、自分が気に入ったYouTubeのショート動画を分析し、自分のコンテンツの参考にしてみてください。下手に編集しても逆効果ですしだからこそ気軽に投稿もできます。

オープニングで引き付ける

YouTubeショート動画を見ているユーザーは、興味がないと判断した動画を次々とスクロールしていきます。動画がユーザーに表示された最初の数秒で気を引かなければ、動画を最後まで視聴してもらうことができません。自己紹介のナレーションを入れたり、その動画でこれから何が始まるのか期待させるような文言を入れたりといった工夫を施しましょう。

定番のストーリー構成を作る

YouTubeショート動画は短い時間で動画の内容を伝えなければいけません。定番のストーリー構成を作ることで、ユーザーは動画の「つかみ➥クライマックス➥結末」といった展開を予測でき、その構成自体にファンがつく可能性もあります。例えば企業のショート動画の場合、「撮影者が社長や上司に質問➥質問への回答➥学び」といったシリーズなどが見受けられます。 多くのいいねやコメントを集めているショート動画を参考に定番のストーリー構成を考えてみてください。
参考:YouTube ショートの利用を開始する

YouTubeのショート動画の投稿方法

今回はパソコンからのYouTubeのショート動画の投稿方法を解説していきます。チャンネル登録者が0人であっても、投稿可能です。

  1.  YouTubeにログインし、画面左上の「作成」ボタンをクリックし、投稿したい動画をアップロードします。
  2. 動画の詳細を入力する画面が表示されます。
  3. タイトルを入力する欄に動画のタイトルを入力してください。
  4. タイトルの後に半角スペースを開け、「#Shorts」と入力すればショート動画として認識されます。

認識されることによって、スマートホンで開いてみるとわかるのですがTiktokのような縦型のいつものYoutubeの視聴画面とは違う構成で表示されてくることが分かります。また自信のチャンネル内でも「ショート」というカテゴリーが作られます。またこのカテゴリーはPC版のほうで再生リストとして追加しておくとよりベターでしょう!

スポンサードサーチ

Youtubeショートは収益化できませんのでご注意ください!

上述のショート動画の投稿方法の通りPCでアップロードをすすめると「収益化」の設定をする欄も普通にでてきます。ここで仮に収益化をONにしてもショート動画としてYoutubeに認識されたものは一切広告が表示されませんのでそこはご注意ください。「なーんだ、せっかくUPしたのに収益化できないのでは意味がないから辞めよう」と思う方も多くいらっしゃるかと思います。しかし、冒頭でも述べておりますよにショート動画はあくまでもあなたのメインとなる動画へ誘導するためにとっかりとなる切り札ともいえます。ショート動画によってはじめてあなたのチャンネルの存在に気が付いて…、そしてチャンネルを見て気に入ってたためチャンネル登録をする、動画も再生する・・・これこそがショート動画にいま求められている立ち位置ではないでしょうか?また、確かにショート動画は1円もはいってきませんが、チャンネル全体の再生回数にはカウントされます。ショート動画は短い動画ということもあって、再生回数は伸びやすい傾向にありますので。チャンネルの再生回数が伸びるとあなたのチャンネルの動画がおすすめに表示されやすくなるなどSEO的な面でみてもプラスの効果があります。まずはショート動画をはじめてみましょうー。

YouTubeのショート動画解説まとめ

YouTubeのショート動画について解説しました。ショート動画を上手く活用し、再生回数やチャンネル登録者数を増やしていきましょう。

レッドブログでは、PC・家電・ヘルスケア・サプリメント・美容・自動車用品・バイク用品・株式投資・FX投資のレビュー、口コミ、インプレッションを主に行っています。その他ブログや日記の形で様々な有益な情報を発信しております。ぜひ、当HPのブックマーク・お気に入り登録をよろしくお願いいたします(^▽^)