おすすめキャプチャーボード5選をこっそり公開!本当に使える製品だけです

PC・家電 Youtube

近年のYouTuberブームと、PS5やXbox本体にブロードキャスト機能(生配信機能)が搭載されていることにより、ゲーム実況を行う方がものすごく増えています。しかし一昔前とは違って同じくゲーム実況を行うライバルが多い中、今から生配信だけで人気を獲得するのはなにかしらの特徴がない限りは厳しいです。やはりメインは動画投稿で、配信は+αとして行うのがいいでしょう。
ただし画面をそのまま録画できるPCゲームとは違い、PS4やNintendo SwitchなどのCS機ではPCにゲーム画面を取り込むためにキャプチャーボードという機材が必須です。しかしキャプチャーボードは多くのメーカーから色んな種類の製品が販売されているため、どれを選べばいいのかわからないという方も少なくないはず。そこで今回はキャプチャーボードの選び方とおすすめの製品をいくつか紹介したいと思います。

スポンサードサーチ

キャプチャーボードとは

キャプチャーボードとは、「TV」ゲーム機の映像・音声をPCに出すための周辺機器です。ちょっと説明が難しかったかもしれません。キャプチャーボードが必要なのは、以下のようなときです。

  • TVゲーム機の画面をPCに映したい
  • TVゲーム機の画面をPCで録画し、実況動画を作りたい
  • TVゲーム配信(ライブ配信)をPCでやりたい

ゲーム機をキャプチャーボードに接続することで、ゲーム画面がPCに映ります。ゲーム音もPCから出ます。つまり、PCの画面を見ながらゲームをプレイできるようになると思ってください。誤解しやすいところですが、ゲーム機はキャプチャーボードに接続します。TVに接続するわけではありません。もっとも、「PCの画面は小さいから、大画面TVでゲームをプレイしつつ録画・ライブ配信したい」という人もいるでしょう。これもできます。心配いりません!

キャプボには2種類のエンコード方式がある

エンコードとは、動画を圧縮したり、視聴可能な動画形式に変換したりする作業のことです。映像を適した形に処理してくれるので、エンコードの処理は必ずPCに負荷が掛かります。キャプチャーボードには、

  • ソフトウェアエンコード
  • ハードウェアエンコード

の2種類のエンコード方式が存在します。エンコード方式によって、PCへの負荷のかかり方は違います。

スポンサードサーチ

FPS配信者は要チェック!遅延防止!キャプボのパススルー機能

最近のキャプチャーボードには、遅延の全くないゲームプレイを実現してくれる機能が搭載されています。それがパススルー機能です!以前は下図のように、キャプチャーボードが出力できるモニターは1つだけでした。

このやり方で配信ソフトの画面を見ながらゲームプレイすると、音と画面が遅延(ラグ)が発生してしまいます。キーを入力してから数秒後に動くなど、音と映像のタイミングが合いません。なのでFPS/バトロワプレイヤーにとっては、死活問題、まともなゲームプレイになりませんでした。

しかしこれを解決した機能が、パススルー機能です。パススルー機能は下図のように、別のモニターにゲームプレイ画面を出力することで、遅延無しゲームプレイを実現します!

どのゲームジャンルでも音と映像がズレるのは気持ちが悪いので、キャプボにおいてパススルー機能は必須です!

AVerMedia LIVE GAMER ULTRA GC553

AVerMediaから発売されたソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードです。AVerMediaの外付けキャプチャーボードでは初となる4K録画と高フレーム録画に対応しています。僕も使ってみましたがPCで表示した映像の遅延が非常に少なく、オンライン対戦ゲームでなければパススルーを使わなくてもプレイ可能でした。(PCスペックにもよりますが)また、本来であれば有料の動画編集ソフトであるPowerDirectorが付属するのもGC553の魅力で、自分好みに編集してから動画投稿サイトにアップロードすることができます。価格は約32,000円と外付け型にしては高価ですが、「とにかくハイスペックなキャプチャーボードが欲しい」という方にはおすすめです。

  • ソフトウェアエンコード方式
  • 4K/30fps・1080p/120fps録画可能
  • 4K/HDR/60fps・1080p/240fpsパススルー可能
  • 動画編集ソフトPowerDirector for AVerMedia(4K編集対応版)が付属
  • 付属の配信、録画ソフトが優秀
  • パススルー機能付き

AVerMedia LIVE GAMER ULTRA GC553メーカーHP

スポンサードサーチ

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS

AVerMediaから発売されたソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードです。2015年に発売したGC550の後継機にあたるモデルで、4Kパススルー(HDR非対応)機能を搭載しているためPS4 ProやXbox One Xユーザー、次世代機を見越した方におすすめです。

僕も実際に使用してみましたが、安定性が高く、遅延が非常に少ないため使いやすいです。また、付属の動画編集ソフトであるPowerDirector 15 for AVerMediaが非常に優秀で、ゲーム実況に使用するのであればほぼやりたい編集が可能になっていると思います。本来であれば有料ソフトなので、それがただで使用できるのもこの製品を選ぶメリットの一つです。価格は約27,000円ほどとやや高価ですが、本気でゲーム実況をやりたい人には是非使ってもらいたい1台です。4K録画や高フレーム録画をしたいのであれば先ほど紹介したGC553を選びましょう。

  • ソフトウェアエンコード方式
  • 4Kパススルー対応
  • 動画編集ソフトPowerDirector 15 for AVerMediaが付属
  • 付属の配信、録画ソフトが優秀
  • 1080p/60fps録画対応
  • パススルー機能付き

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUSメーカーHP

AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550

こちらもAverMediaのソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードで、先ほど紹介したGC550 PLUSの旧機種です。新機種が発売したなら必要ないと思うかもしれませんが、こちらはHDMIの他にコンポーネント端子が搭載されているため、PS3やPS2、Wiiなどといった古いゲーム機のキャプチャーも可能になっています。※PS3はHDMI端子が付いていますが、HDCPの関係でHDMIからキャプチャーすることができません。また、値段が約22,000円とGC550より割安なため、とりあえず「安く済ませたい」「古いゲーム機もキャプチャー出来た方がいい」という方には選択肢になります。しかしこちらは動画編集ソフトが付属していません。

  • ソフトウェアエンコード方式
  • コンポーネント端子搭載
  • GC550 PLUSと比較すると安い
  • 付属の配信・録画ソフトが優秀
  • 1080p/60fps録画対応
  • パススルー機能付き

スポンサードサーチ

I-O DATA GV-USB3

こちらはI-O DATAのHDMIに対応したソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードです。I-O DATAのキャプチャーボードと言えば、コンポジットケーブルに対応したGV-USB2という製品が人気だったんですが(というか未だに人気があるようです)、このGV-USB3はその後継機です。値段が約17,000円ほどと、HDMI対応で新し目のキャプチャーボードとしては比較的安いと思います。先ほど紹介したGC550 PLUSのように動画編集ソフトが付属するんですが、残念ながらバージョンが1つ前のPowerDirector 14 for I-O DATAが付いています。また、4Kに対応していないため、とりあえずHDMI対応で動画編集ソフトが付いた安い製品が欲しいという方にはいい製品かと思います。

  • ソフトウェアエンコード方式
  • 値段が安い
  • 動画編集ソフトPowerDirector 14 for I-O DATAが付属
  • 1080p/60fps録画対応
  • パススルー機能付き

SKNET MonsterX U3.0R

こちらはSKNETのHDMIに対応したキャプチャーボードです。外付け型ソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードでは国内でおそらく最も普及しているのではないでしょうか。2013年に発売された製品でありながら未だに人気が高い非常に息の長い製品です。僕もHDMIに対応したものではこちらを初めて購入しました。僕が購入した頃は20,000円ほどで販売されていましたが、現在では新品でも約16,000円ほどとかなり安くなっています。また、Amazonの中古製品を見てみると11,000円台から販売されているので、とにかく安く済ませたいという方には中古製品も視野に入れてみてはどうでしょうか。ただ注意点として、こちらは付属の録画ソフトのクオリティがいまいちなので社外製ソフトが必須になることと、動画編集ソフトが付属しないことを覚えておきましょう。

  • ソフトウェアエンコード方式
  • 値段が安い
  • 中古品が多数(11,000円台から購入可能)
  • レビューが多い
  • 1080p/60fps録画対応
  • パススルー機能付き

キャプチャーボード まとめ

ライブ配信やゲーム実況動画をPS4やSwitch、iPhoneのゲームで作る際は、キャプチャーボードが必要です。いつも見ているクオリティの高い配信者も、キャプチャーボードを使って配信を行っています!キャプチャーボードとは長い付き合いになるので、自身の環境や用途に合った物を選びましょう!上位モデルであれば、機能や性能もしっかりしており、更に有料ソフトウェアや動画編集ソフトも付いてくる!なので初めてキャプチャーボード買う方で金銭的に余裕があるなら、上位モデルを買う事がおすすめです。下位モデルであっても、最低限の機能が付いてる物もあります。自分に合ったキャプチャーボードを選んで、快適な配信・実況生活を送りましょう。

レッドブログでは、PC・家電・ヘルスケア・サプリメント・美容・自動車用品・バイク用品・株式投資・FX投資のレビュー、口コミ、インプレッションを主に行っています。その他ブログや日記の形で様々な有益な情報を発信しております。ぜひ、当HPのブックマーク・お気に入り登録をよろしくお願いいたします(^▽^)