【こんなスピーカーを探していた】JBL 104-BT-Y3 レビュー

PC・家電

スポンサードサーチ

JBLの104-BT-Y3を買ったのでレビューします

デスクトップPC用としてJBLのスピーカーを買ったので詳しくインプレッションします!買った理由はPCのマザーボードの標準の音声に不満をかかえていたからですね。とくにYoutubeなどで映像の編集をすることが多いのですが、内臓の音源スピーカーだと聞こえてこない音も結構あって、編集作業的に致命的だったのでこういった音域も漏れなく正しくカバーしつつ音がでるスピーカーをさがしていたところに出会いました。

104-BT-Y3の外観写真・本体写真の詳細付属品

まず本体の写真を細かく載せてみます。

 

スピーカ本体正面です。あたりまえですが左と右の2本で1セットです。これはスピーカーの右側ですね。右側だけ本体前面にご覧のようにスイッチ類があります。

スポンサードサーチ

JBLの104-BT-Y3は同軸モニター!

一般的なスピーカーはツイーターとウーファーが分かれてマウントされていますが、同軸スピーカーの場合は同心円上に配置されています。このように配置する一番のメリットは、定位や位相ずれが起こりにくく、クッキリ・ハッキリとしたサウンドを聴くことができる点です。通常このレベルまでになると4万円以上はするのが当たり前ですがこの商品は2万円代で買うことができます!

 

本体真下面

本体裏面、普通にボタンを押しながらケーブルの先っぽを差し込んで挟んで止めるタイプですね。

 

メイン本体側の裏面です。入力は3系統のライン(TRS/RCA/AUX)とBluetoothの合計4系統。入力ソースはフロントのINPUT SELECTボタンで切り替えることができます。ソースで「ALL」を選ぶと、全入力ソースを同時にモニターできるので、有線+Bluetoothといった具合に使えます。

 

本体前面です。当然ですが、スマートフォンからBluetoothでこのスピーカら簡単に音を流すことができますし、目の前のイヤホンジャックにイヤホンを差し込めば綺麗な音がイヤホンから流れてきます。

サウンド・インプレッション

サウンドについてですが、全体的にまとまりがあって効きやすく、サイズと価格を考慮すると十分満足できると思います。同軸らしい定位の良さも相まってか独特の一体感は、聴いていてワクワクします。以下はミックスを想定したモニター・スピーカーとして見たときの印象です。

レンジ感に関してはちょっと割り切りが必要だとも感じます。高域・低域が大人しめでミッド中心の鳴り方になるため、特に高域についてはヘッドホンなどと併用してチェックが必須と考えた方が良いと思います。このあたりは、104-BT-Y3をどういう目的で見るかによって印象が大きく変わってくるように思いますが、メインの「モニター・スピーカー」としてミックスやマスタリング用途で使うには、ちょっと不足感を感じるのが本音です。

ただ、低域は変にボワ付きもなくキレが良くミッドの見晴らしが良いので、サブモニターとしては最高に使いやすいです! ボーカルの質感も手に取るように分かりますし、トランジェントやリバーブ、ディレイなど空間処理もしっかり聞き分けることができるので総合的に見て大満足です。作曲用のスピーカーにも良いかもしれません!ポテンシャル的にはかなり大きな音量まで出せますが、小音量で使った方がバランスが良く感じます。

Bluetoothも便利で、スマホからパッと接続してケーブルレスで聴けるのは重宝すると思いますが、ペアリングや起動時の動作音がかなり大きいので、そこだけ注意が必要です(笑)。←なぜかエンジンのきゅるきゅるぶおーんという始動音なんですが消すことも小さくすることもできませんw

 

 

JBL 104-BT-Y3

付属品です

USB充電器の説明書

取扱説明書です

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

コンパクトなサイズですがしっかり音はでていますのでなんの問題もありません。またデザインも丸みを帯びたデザインでほとんどのインテリア・PCデスクまわりにマッチする違和感のないデザインですね!使い勝手の良いスピーカーを探している方、同軸スピーカーを体験してみたいという方には、かなりオススメのスピーカーです!

 

【仕様】
■周波数レンジ(-10dB):60Hz〜20kHz
■指向角度(水平×垂直):120°×120°
■最大音圧レベル(Cウェイト):104dB SPL
■ドライバー構成:
LF:4.5インチ(114mm)
HF:0.75インチ(19mm)
■クロスオーバー周波数:1,725Hz
■パワーアンプ※:30W×2、Class D
■入力※:
・端子・形式:
ステレオ標準フォーン(3P)【バランス】
ステレオRCA【アンバランス】
ステレオ・ミニフォーン【アンバランス】
・最大入力レベル:
ステレオ標準フォーン:+20.3dBu(+4dBu)
ステレオRCA:+6dBV(-10dBV)
ステレオ・ミニフォーン:+6dBV(-10dBV)
■スピーカー入出力端子:バネ式
■電源※:AC100V、50/60Hz
■消費電力(1/8出力、ピンクノイズ):5W
■寸法(W×H×D):153×247×125mm(除突起部)
■質量:
2.1kg(マスタースピーカー)
1.8kg(エクステンションスピーカー)
■付属品:
ステレオミニフォーン⇔RCAケーブル(約1.5m)
スピーカーケーブル(約2m)
電源コード
和文取扱説明書
※マスタースピーカーのみ

いかがでしたでしょうか?レッドブログでは、PC・家電・ヘルスケア・サプリメント・美容・自動車用品・バイク用品・株式投資・FX投資のレビュー、口コミ、インプレッションを主に行っています。その他ブログや日記の形で様々な有益な情報を発信しております。ぜひ、当HPのブックマーク・お気に入り登録をよろしくお願いいたします(^▽^)